ブロ友さんところで見かけて以来気になっていたシンガポール風チキンライス♪

ググってみて一番簡単そうに思えたこちらのレシピで試してみました!


ご飯とチキンについた味自体はちょっと薄いなぁ~と思ったのですが、すりおろし生姜ごま油のタレがうまうま★

炊飯器で作れるーというお手軽さもあり、リピ予感満々のレシピです。
でもかなり和食っぽいお味なのでどれだけ本場の味に近いのか、ちょっと疑問。。。(^^;
2013.05.10 どら焼き
お手軽なあんこ活用法はないかなぁ〜って考えてて、ふと思いついたのが、よく作るパンケーキ(薄めのホットケーキ)!あれに挟んだら、どら焼きになるんじゃ?
ググってみたら、なんとどら焼きには、みりん&蜂蜜を使う事を発見!
ふむふむ...φ(。_。*)メモメモ

いつもお世話になってるクックパッドから、こちらのレシピでミニどら焼きに挑戦しました♪

Dora-yaki.jpg
むっちりうまうま♥

大福もち&どら焼きで、200gの小豆からできたこしあん、3分の2ほど消費しました。残りの分はもったいないのでしばらく冷凍庫で眠っててもらう事にしました!
次、どうしてもあんこが恋しくなった時、何を作ろうかなぁ〜

はじめて挑戦した粒あん作りが失敗に終わってすごーく残念だったので、残っている小豆で今度は「こしあん」でリベンジしてみました!
粒あんは、最後に練りすぎて固くなりすぎたのと、中までちゃんと柔らかくなったけど小豆の皮がどうしても固いままで食感がざらついて、それも気になりました。
こちらで購入できる小豆は、日本のに比べて固いのかな?
というわけで「こしあん」初挑戦です〜♪

参考にしたのは、こちらのウェブサイト和菓子職人が教えるカンタン和菓子
写真付きで丁寧な手順説明で、とっても分かりやすかったです♪

朝11時くらいからはじめて、お昼休憩をはさんで、出来上がったのが午後3時頃。
疲れました。。。
しばらく冷蔵庫で冷やして、最後の力をふりしぼって(笑)大福もち作り〜

もち皮部分は、アジアショップで購入したKlebreismehl(もち粉)を使いました。
レシピは、こちらのいちご大福を参考にしてます。
ちなみに我が家は電子レンジがないので、15分強火で蒸しました。

できあがり〜☆
↓ ↓ ↓

Daifuku mochi
激うま〜〜〜!

こしあん、大変だったけど作った甲斐ありました。^^
まだ半分以上残ってるので、今度は何作ろうかなぁ〜と思案中です!

2013.04.24 チキン南蛮
私が日本で通った某大学の学食では、一番高いのがSランチという定食セットでナント420円!
ごくたまーに自分へのご褒美としてSランチを食べる時は周囲のジェラシーたっぷりの視線が痛い位、それはそれは私たちのアコガレ定食だったんです。

そのSランチのメインが、これ↓

チキン南蛮!(^^)



レシピは、クックパッドのこちら
揚げないので、もも肉の方がジューシーに出来上がる気がします♪
甘酢+タルタルソースが、またご飯によく合うんですよねぇ。。


引き続いて、もう一つ冷たいデザート♪

実はこれ、失敗あんこの救済策なんです。^^;



初挑戦のあんこ作り、小豆が柔らかくなったまでは順調だったのだけど、お砂糖を入れてから煮詰めすぎたのか、かっちんこっちんになってしまい、、、
捨てるのももったいないし、ミルクを混ぜるから少しはやわらかくなる???と期待して「小倉アイスキャンディー」に挑戦してみました。

ゆで小豆(あんこ)200g
ミルク 150g
コンデンスミルク 20g

(ネットのどこかで見かけたレシピなのですが、分量のメモしか出て来ずに、どこで見かけたのか思い出せない。。また見つけたら、リンク貼ります)

すべてをボールに入れて、よく撹拌する。(私は岩のようなあんこを砕くためにハンドブレンダーを使用)
タッパーに入れて、30分〜1時間くらい冷凍庫へ。
取り出してよく混ぜ、半分凍りかけのどろどろしたのを、製氷皿に入れて再び冷凍庫へ。
2~3時間でできあがり☆