2013.01.10 カツカレー
誕生日もいつもと変わらずお仕事日になってしまった夫のお昼ご飯に、せめても大好物のカツカレーを作りました。



カレーは日本のルー(辛口)タイプ使用した、チキンカレーです。

カツは、ドイツでは一般的なシュニッツェル用のポークを使って、揚げるのではなくオーブンで焼いて盛り付け直前に、フライパンでカリッとした焼き目をつけてます。

[ポークカツ]

肉は叩いて薄くし、縮まないよう筋切りをしておきます。
塩コショウして小麦粉、とき卵(ミルクを少し混ぜる)、パン粉の順につける。
200℃くらいに熱したオーブンで20分焼く。

☆我が家のオーブンは電気ファンオーブンです。各家のオーブンによって設定温度や焼き時間は異なるので、15分すぎたあたりで、串をさして中まで焼けているか確認ください☆

オーブンから出して少し冷ます。

フライパンの底を覆うくらいの油を熱し、余の卵とパン粉を二度付けして、素早く揚げる。(こんがり色をつけるためなので省略可です)

一口大にカットして盛り付けて完成♪


ランキングに参加しています。
1クリックいただければ、とっても励みになります♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://tsukikumogohan.blog.fc2.com/tb.php/17-0f4ae41d