英国のクリスマスディナーといえば、メインはじっくりと焼き上げたローストターキー!

付け合わせの野菜は家庭でそれぞれですが、
ローストポテト
ローストパースニップ
茹でブラッセルスプラウト(芽キャベツ)
茹でキャロット

などが定番でしょうか。

それに加えて、
Pigs in a blanket(ミニソーセージをベーコンで巻いてロースト)

Devils on horseback(乾燥ナツメをベーコンで巻いてロースト)

という、不思議なネーミングのものも登場したりします。

↓写真中央左の爪楊枝が突き刺さっているのがDevils on horsebackです。^^

CHristmas dinner

[5人前覚え書き]
ターキー 4キロ強(+スタッフィング&レモン1)
ポテト 1キロ
パースニップ 大4本
キャロット 中4本
ブラッセルスプラウト 500g
ベーコン 8枚
乾燥ナツメ 16個

ターキーのロースト時間については、オーブンによって焼き加減が異なるので、かなり見極めが難しいのですが、今回は、4キロ強+スタッフィングしたターキーを3時間半170度(ファンオーブン)で焼いて、レスティングタイム(ホイルに包んで)30分で、しっとり柔らかなローストターキーが出来上がりました。
(4キロのターキーはさすがに大人5人でも半分くらい余ってしまう量なのですが、残り物のターキーは、翌日びっくり美味しいターキーサンドウィッチとなって、すっかり食べ尽くされました〜♪)

ターキーから出たジューシーなグレイビーからグレイビーソースを作ってくれたのは、義母です。普段あまりロースト料理を作らない私には、グレイビーとお水、小麦粉のバランスがとても難しいので、お任せしました。


グレイビーソースや、ブレッドソース(甘めのお味)、チャツネ類を添えていただきます。


デザートには、クリスマスプディングが定番♪
義母はこれまで毎年クリスマスプディングを作り続けてきたのですが、さすがに海を越えて持ってくるのは大変なので、今年は英国の名物シェフ(?)Heston BluhmenthalがWaitroseという高級スーパーとタイアップして出しているクリスマスプデイングを持ってきてくれました。なんでも去年は売れきれ続出の人気プディングだったらしい〜。たしかに、お腹いっぱいでもついまだまだ食べちゃう美味しさでした!



ランキングに参加しています。
1クリックいただければ、とっても励みになります♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村



Secret

TrackBackURL
→http://tsukikumogohan.blog.fc2.com/tb.php/11-7c46a254